HOME>トピックス>高齢になっても食事や排せつや身の回りのことを自立して行うために

目次

自立を支援

子供

超高齢化社会を迎えた日本では、今や認知症は国民的な関心事になりつつあります。認知症になると食事や排せつや歩行などに支障が出て自立して生活することが困難になるので、できる限り認知症になるのを予防する必要があります。

リハビリや相談

軽い認知症の場合でまだ自立して生活できていても、将来介護になる可能性がある方もいます。そんな時は症状が進行するのを予防するためには介護保険を使ってデイサービスを利用することです。お風呂に入ったり食べたり、身の回りのかたづけなど自分でできるようにリハビリを実施してくれます。そして介護がなくても自立できるように様々なサポートを行ってくれます。この対象になる方は軽度の認知症で要支援1か要支援2にあたる方になります。それから利用できる介護施設は介護予防認知症対応型通所介護事業所になります。

ケアプラン作成

介護保険を活用して認知症の予防を行うためには、まず市町村を通じて介護認定を受ける必要があります。市町村は申請を受け付けると職員が申請者からヒアリングを行い調査を開始します。それからコンピューターの判定や申請者の主治医の話などを参考に二次判定をします。そして要支援1か要支援2と判定された場合は、市町村は介護予防支援事業所に対して、ケアプランと呼ばれる介護予防サービス計画を作ることを頼むことになります。

広告募集中