注意点を事前に確認しておこう

教師

放課後等デイサービスとは、障害がある就学児童のための学童保育的なサービスです。提供されるサービスには様々なものがあり、施設ごとに異なります。専門的な療育をしながら、楽器演奏やトランポリン、さらに造形やパソコン教室など、習い事のような活動をしているところもあります。障害のある子供の保護者にとって、宇都宮の、どの放課後等デイサービスを利用するかということは大きな問題です。たとえば、同じ発達障害という診断名であっても、子供の特性は各々異なります。また、保護者自身の価値観や経済的負担も大きく影響するでしょう。従って、放課後デイサービスの選択基準は、人によって異なるものですが、やはり気を付けておくべき共通のポイントはいくつかあります。まず、注意すべきなのは通いやすさです。送迎に負担を感じてしまうと、継続が難しくなるケースもあるでしょう。家から近い、あるいは送迎があるなどのポイントをおさえておくと良いでしょう。そして、地区の児童発達支援連絡協議会に加盟していること、これにより一定の信頼感が確保できます。また、臨床心理士や児童精神科医などとの連携があれば、さらに安心だといえるでしょう。次に、施設の雰囲気も、とても重要なことです。なるべく事前に見学して、スタッフの対応や療育方針などを確認しておきましょう。不安な点や疑問点をしっかりと説明してくれて、明るく熱意を持って子供に接しているようなら、安心して任せられるといえるでしょう。

上手に利用して発達をサポートしよう

教師

宇都宮の放課後等デイサービスは、単なる療育施設だけでなく、子供の遊びの場や習い事の場でもあります。日々慣れた小さな集団での遊びの中で、コミュニケーション能力を自然に伸ばしていくことができます。指導員や子供同士のやりとりから、会話の大切さについても学ぶことができるでしょう。芸術面や学習面での学びから、学ぶことの楽しさ知ることもできます。ルールを守ったり、集団の中で行動したりするなど、発達の状態から難しいケースもありますが、療育の専門家である指導員のサポートで、徐々に改善されることもあります。これらは、今後、子供達が学校や社会で活動するための、大切な基礎になるといって良いでしょう。また、大きなメリットとして、子供自身の居場所ができるということがあります。学校や家庭とは違った場所で、自分が受け入れられているというのは、大きな自信と安心感につながるでしょう。さらには、保護者の立場からのメリットとして、放課後等デイサービスに預けることで、子供と離れた自分自身のための時間が確保できることがあります。休憩や気分転換ができるほか、保護者同士で情報交換などもできます。

広告募集中